成田空港でプライオリティ・パスを有効に使ってラウンジを満喫するための情報を紹介したいと思います。

ちなみに、空港には、いろいろなランクのラウンジが存在しています。

  • 一般向けの有料ラウンジ
  • クレジットカードのゴールドカード特典で利用できるラウンジ
  • 各航空会社のラウンジ

この中で、最もステータスの高いのが各航空会社のラウンジで、これはビジネスクラス以上やプライオリティーバスの所持者のみが利用できるラウンジです。

ということで、成田空港でプライオリティ・パスが利用可能な航空会社のラウンジを紹介します。

成田空港で利用可能な航空会社ラウンジ

まずは、成田空港にあるラウンジはこんな感じです。

第1ターミナル

@ANAラウンジ:南1F(国際線到着・国内線出発)

ANA SUITE LOUNGE:第4サテライト4F(入口は3F)

ANAラウンジ:第4サテライト2F(入口は3F)

ANA SUITE LOUNGE:第5サテライト4F(入口は3F)

ANAラウンジ:第5サテライト4F(入口は3F)

KALラウンジ(大韓航空):中央3F

デルタ スカイクラブ:第1サテライト4F(入口は3F)

デルタ スカイクラブ:第2サテライト4F(入口は3F)

ユナイテッド・クラブ:中央3F

ユナイテッド・グローバル・ファースト・ラウンジ:中央4F(入口は3F)

第2ターミナル

アドミラルズクラブ(アメリカン航空):本館2F(入り口は3F)

エミレーツラウンジ:本館4F(入り口は3F)

カンタスビジネスラウンジ:サテライト2F(入り口は3F)

ファーストアンドビジネスクラスラウンジ(キャセイパシフィック航空):本館4F(入り口は3F)

ダイナスティ・ラウンジ(チャイナエアライン):本館2F(入り口は3F)

サクララウンジ(JAL):国内線3F(入り口は2F)

サクララウンジ(JAL):本館2F(入り口は3F)

ファーストクラスラウンジ(JAL):本館4F(入り口は3F)

サクララウンジ(JAL):サテライト2F(入り口は3F)

ファーストクラスラウンジ (JAL):サテライト3F

紹介している航空会社のラウンジは、航空会社のビジネスクラス以上か、マイレージプログラムの上級会員、エリート会員だけが利用可能。
なので、一般人!?が使うのは、至難の業なんですね。

ただし、この中で、プライオリティーパスで利用可能なラウンジが一つあるんです。

それが、

KALラウンジ(大韓航空):中央3F

このラウンジは、楽天ゴールドカードやアメリカンエクスプレスのゴールドに入会したのち、プライオリティーパスの会員登録をすることで一般人でも利用できちゃうんです。

しかも、アメリカンエクスプレスゴールドカードは定期的に初年度年会費無料キャンペーンを実施しているので、実質年会費無料でゴールドカードを作れる上、プライオリティーパスの年会費も無料になります。

つまり、海外旅行を予定しているのなら、事前にアメリカンエクスプレスゴールドカードを作って、プライオリティーパス会員を申し込んでおけば、VIPのみが利用可能な航空会社のリッチなラウンジを利用することが可能なんですね。

アメックスゴールドの申し込みはこちら。

で、通常のゴールドカードのラウンジと、航空会社のラウンジの違いを紹介します。

通常のゴールドカードラウンジ

提供されるものは、飲み物(コーヒー、ジュースなど)、時折朝の時間はパン一切れなど。

コーヒーを飲みながら、時間をつぶす分にはこちらで十分ですね。

航空会社のラウンジ

いろいろな食べ物。例えば、おにぎりとかカップラーメン。

飲み物。ビールやワイン、コーヒー、ジュースなど。

全て無料で提供されます。

カードのランクによって利用料が無料になったりします。

ちなみに、今回紹介する”KALラウンジ(大韓航空):中央3F”は、通常1回の利用が27ドルですが、プライオリティーパスであれば、年間2回無料で利用することが可能です。

KALラウンジ(大韓航空)の場所

KALラウンジ(大韓航空)の場所ですが、今回は、国内線乗継で利用したので、その順路を説明したいと思います。

場所ですが、こちらです。

国内線乗継で左下の第5サテライトあたりが出国検査を抜けた場所になるので、そちらからの案内になります。

広いスペースがあるので、こちらを見て、右手11〜38・51ゲートの方に移動していきます。

11〜48ゲートの表示が出てきて、更にどんどん進みます。

写真を撮り忘れましたが、ふた手に別れるところに出るので、右手の方に進みます。

どんどんどんどん進むと、


左手にKALラウンジの看板が見えるので、そちらの奥に進むとKALラウンジが見つかります。
ちなみに、手前のラウンジではありませんので、ご注意を

反対方向から着た場合は、こちらの看板が出迎えてくれます。

無料条件の範囲内の利用回数なら、受付でプライオリティーパスを提示すれば、もちろん無料で利用可能です。

KALラウンジ(大韓航空)の内容

席はこんな感じですが、ファーストクラス用のエリアも用意されています。

用意されている食べ物や飲み物は次のような感じです。

軽食


ミニサイズのカップ麺にパン、おにぎりなどが盛りだくさん。
スペイン語を話していた子どもがカップ麺のフタを開けきってお湯を注いでいたので、コーヒーカップ用のソーサーでフタをして3分待つんだよと英語で説明しても理解できなかったらしく、親の席に戻って、すぐに食べようとしたので、「親に3分待つんだよ」と言ったら、理解したようでした(笑)

飲み物


ビールにワイン、お酒にコーヒー、ジュースとだいたいのものは揃っています。
ちなみに、ビールはハイネケンと麒麟でした。

お腹が空いていたので、カップ麺におにぎり、ビールで空腹を満たした後、パンとラテをいただきました。

ゴールドカードの特典で利用できる空港ラウンジとは一味違うサービスがあって、一般人にはかなり満足度の高い航空会社のラウンジですので、ぜひ、海外旅行の予定が決まっているなら、事前にアメリカンエクスプレスカードとプライオリティーパスを手に入れて、気持ちよく出発前の時間を過ごしてみてはどうでしょうか?

初年度年会費無料でゴールドカード、プライオリティーパスのサービスを受けることができるアメリカンエクスプレスゴールドカードの申し込みはこちら
↓↓↓↓↓