トランプ勝利で日本への影響は?

日本の首相選挙より注目を集めるアメリカ大統領選挙ですが、結果は誰もが驚くトランプ氏の勝利。
この結果を受けて、日本への影響はどうなるのか、気になるところですよね。

1478680395_aflo_owdg689528
出典:http://news.yahoo.co.jp/story/431

大統領選が始まったときから、なんとも言えない強烈な主張でうっぷんの溜まった労働者からの支持を集めていたトランプ氏ですが、その発言内容からも、どうあがいてもクリントン氏の勝利は間違いないと見られていたわけですが、なんともビックリなトランプ氏勝利の結果に終わりました。

その勝因などは色んな所で、語られているので、今回、トランプ氏が大統領選に勝利したことによる日本への影響について、考察してみたいと思います。

アメリカ第一主義による在日アメリカ軍撤退

トランプ氏は、アメリカ同盟国は、在留アメリカ軍の全ての経費を支払うべきだとの見解を示しており、それができない場合は、アメリカ軍を撤退させるということまで言及しています。
また、日本の核保有についての容認するような意見を述べていて、今後どのような展開になっていくのかはまったく想像すらつきません。
特に、「日本が攻撃されれば、アメリカはすぐに助けにいかなければならないが、アメリカが攻撃を受けても日本は助ける必要がないから日米安保条約は不公平だ」との内容は、日本に対して確実に費用負担を求めるようになると考えられますよね。
なので、それが原因でアメリカ軍が撤退する可能性もあるわけですよね。
そうなると、基地移転なんて問題も一気に解決してしまうかもしれませんね。

憲法九条の改正

上記で書いたようなアメリカ軍撤退が現実となったとき、日本を守るのは日本でしかなるなるため、まず、憲法九条を改正して、自国を守る正式な軍隊を編成し、中国や北朝鮮からの侵略に耐えられる様にする必要が生じてきます。
ある意味、アメリカの属国と言われている現状を打破するための第一歩になるかもしれませんね。
ただそうなると、当然人員を募集するだけの自衛隊だけでなく、徴兵制度の必要性が出てくるわけです。

いったい、この先どうなることやら、神のみぞ知る結末になるのでしょうか?

株価や為替の暴落

すでに、株価は3ヶ月半ぶりの安値を付けて下がってしまっています。
円相場についても、一時101円台を記録しました。

これからどのような展開になるかは想像すらつきませんが、TPPに関しても、「就任初日に離脱を宣言する」と表明していることもあり、このような流れが株価や為替に影響をおよぼすことは間違いありません。

また、日本の商工会議所が異例の「保守主義や反グローバリズムの台頭は世界の経済活動の停滞を招くことになりかねない。トランプ新大統領が現実的な判断をされることを期待したい」というコメントを発表するなど、日本の経済界も強い懸念を示しています。
ただ、トランプ氏はそこまで日本の影響を考えてはいないでしょうね。

他人の国の選挙にはこんなに注目するのに、自国の政治にはあまり興味がない日本人もそろそろ置かれている状況に気がついて、本気で考え出さないと、どんどん世界から取り残されてしまいます。

ぜひ、今回のアメリカ大統領線のドナルド・トランプ氏の大逆転勝利!?が日本にもたらす影響について、真剣に考える時間をもって、日本人が今何をすべきか考えてみて下さい。