福島第一原子力発電所 高濃度汚染水 海へ排出か、東京電力 放射能東日本大震災の日から日本の原子力発電所の方向転換が進められてきていますが、福島第一原発の汚染水問題は非常に深刻な状況になっています。しかし、時間とともに国民の関心事からはどんどん離れていってしまい、ついには忘れられ、政府は原子力発電所の再稼働など、改めて原子力に頼った電力政策を進めようとしています。

そして、この事件「福島原発高濃度汚染水を海へ排出か!?」です。

福島第1原発2号機原子炉建屋の屋上で屋上で放射性汚染水を検出した発表しています。このポイントは、海につながっている湾港の排水路につながっているので、当然、放射能を含んだ水が海に流れ込んでいることは確実で、東京電力も認めていますが、湾港の外の観測では大きな問題は無いと言っています。

そんな訳はないでしょう! 日本政府は常に大丈夫だ大丈夫だといいますが、全くその根拠がありません。その政府の情報に国民は「国が言っているから大丈夫」と安易に考えてしまっています。

まさに思考停止の状態ですよね。本当に危険だと思ったところで、騒いだり、反対のコメントを発言したりすると、「山本太郎議員」のように、メディアから閉め出されてしまうだけです。

大きな力は小さな力に対して、強制力をもって、その自由な意見、発言を押さえ込もうとするのです。

自分の正しい意見を訴えたくとも、利害やしがらみによって、大きなものにまかれてしまうのが、現実社会です。

誰にとっても自分の生活が大切です。大きな力を持っている方には、利害ではなく、何が正しいかを考えて行動してもらいたいものですね。