selfaffili

平成27年7月1日に「うるう秒」!?

time

知ってますか?うるう秒。

いつあるかというと、
平成27年7月1日(水)に、午前8時59分と午前9時の間に、「8時59分60秒」が挿入されるそうです。

あんまりピンと来ないですよね。

うるう年」なら分かりますか?
あの、4年に1回、2月29日を入れる年のことですね。

今回は、「うるう秒」なので、7月1日に1秒を追加するんです。

この、「うるう秒」の調整は、地球の回転の観測を行なっている国際機関の「国際地球回転・基準系事業(IERS)」!?なんてところが決定していて、世界中で一斉に「うるう秒」の調整が行われるそうです。

日本の場合は、日本の標準時の維持調整を行なっている「国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)」!?が法令に基づいて調整を行っているので、IERSの決定に従って、日本では7月1日に「うるう秒」の挿入を実施するそうです。

最近では、3年前の平成24年7月1日に「うるう秒」が挿入されているみたいです。
4年に1回じゃないんですね。

ここで、ちょこっとうんちくをば。
時刻ってのは、地球の公転・自転に基づく「天文時」によって決定されていたのですが、「天文時」を決定するための地球の回転は、かなり不規則で厳密に時刻を求められないため、1958年を基点として、電子時計に基づく「電子時」が採用されたんです。
当然、「天文時」と「電子時」では、ズレが生じるので、そのズレを調整するための「うるう秒」が1972年から数年に1回挿入されるようになりました。

うるう年」も同じようなものです。
1日ってのは、地球の自転の1周分ですよね。で、1年というのが、地球の公転、つまり、地球が太陽の回りを一回りする期間ですが、実際に地球が太陽の周りを1周するには、約365.24219日かかるので、それを調整するのが「うるう年」です。
うるう年」は4年に1回、2月29日を入れるんですが、4で割って割り切れる年に挿入されるって決まっているんです。
さらに、これは偶然か必然かわかりませんが、オリンピックの年なんですね!

さてさて、「うるう秒」に話を戻しましょう!

実際の「うるう秒」の時刻合わせはどんなに行えばいいのでしょうか?

私たちの生活は、1秒ずれても問題は無いですが、「うるう秒」が挿入された後の時刻調整をしておく必要もあります。
まず、パソコンですが、最近では勝手にNTPサービスに接続して、時間を合わせているのがほとんどだと思いますが、対応していない場合はアクセスしてみると自分のパソコンとのズレがわかります。

次に電波時計ですが、こちらは数時間に1回はNICTが発信している電波を受信して時刻を合わせているので、勝手に調整してくれます。

その他の家電などは、NTTの時報サービスなどで合わせてください。

まーはっきりいうと、普段から数秒のズレはあるので、1秒のズレなんてあんまり気にしないですよね(笑)

パソコンにトラブルが生じるかもしれないと言われていた「2000年問題」に比べれば、まったく問題のない「うるう秒」の挿入ですが、興味を持たなければ、知らない間に過ぎてしまうんですね。

平成24年7月1日の「うるう秒」挿入も知らなかったですからね(笑)