22年ぶりに裕木奈江が深イイ話でテレビ出演!

6月1日(月)の深イイ話では、「ポケベルが鳴らなくて」でブレイクし、「北の国から’92巣立ち」で、純の恋人役「松田タマコ」役で出演していた「裕木奈江」さんが22年ぶりにテレビに登場!

知らない人のほうが多いでしょうね。

なんと、世界中を旅しながら写真を撮っているおしゃれカメラマンになっていました。

裕木奈江」さんは、現在45歳。
取材時に友人宅のパーティーで誕生日サプライズをしてもらっていました。

そんな「裕木奈江」さんですが、
1999年に一般男性と結婚するも2010年に離婚。
その後は、スペイン、アイスランド、アリゾナ、チェコ、など16カ国をめぐり、綺麗な写真を撮りながら暮らしているそうです。

現在は、スイスのバーゼルに住んでいて、なんと、撮影スタジオの居候らしい。。。

スイスというと物価がめっちゃ高くて、ファーストフードのハンバーガーが1,000円するくらい。
ランチをおしゃれに食べようものなら、楽に10,000円ほどかかるそうです。

そんなスイスに住んでいる「裕木奈江」さんですが、どうやってお金を稼いでいるかというと、月に1.2回は日本に帰国して、写真の個展を開いたり、舞台をやったりときちんと働いて、そのお金で世界を旅しているとのこと。

お気に入りの国が見つかっても、永住するわけでもなく、いろいろな国を見て回りたいらしいです。

やっぱ不思議ちゃんと呼ぶにふさわしい感じでしたね。

ちなみに、今回のロケで最も盛り上がっていたのが、「TINTIN」!?

スイスでは乾杯の意味ですが、日本での意味を説明されたスイス人は「それはみんなのものだね!」なんて言って大笑いしてました。

このネタは万国共通なんですね(笑)