浅草にこんな中華料理店があった!

たまたま、浅草の東横イン浅草千束つくばエクスプレスの隣の角にある、中華料料理店に行っちゃいました。

というのは、元々は、いろいろなドラマや映画の撮影がされている中華料理店があったんですが、時間の関係で、そちらが、すでに閉店していたので、近くで同じような中華料理店が無いかと探した所、すぐ近くにあったので、しょうがないかということで、そちらに行くことにしたんですね。

ちなみに最初に行こうと思っていた中華料理店は「太陽」
taiyo
これは、昨年行った時の写真ですが、松たか子さんと安倍サダヲさんが出演している「夢売るふたり」の撮影現場になってた有名店なんです!
料理はこんな感じ
taiyo2
今回はまた別の撮影が入ってたという写真が店頭の看板に貼り付けられていましたが、何だったのか、忘れてしまいました(汗)

で、そんなに期待せずに次の店に行ってみてビックリ!

座席はカウンターの10席くらいしか無いにもかかわらず、店長の話がおもしろいことおもしろいこと!

お腹いっぱいにもかかわらず、思わず、餃子2人前にレバニラ炒めを頼んでしまうほど、話に引き込まれてしまいました(笑)

店長は愛知から東京に一攫千金を夢見て出てきたわけですが、ほんとに、あらゆる業種を経験してきたそうです。
パン屋から始まって、タクシードライバーや蕎麦屋、ラーメン屋など。

バブル時には10席ほどしか無い店舗にもかかわらず、ひっきりなしに人が訪れ、儲かってしょうがなかったとのこと。
こんな店なのに、外車に乗って、好きなことができちゃうんだから、東京って凄いよね!って言ってました。

遊びもそこいら辺の人の遊びでなく、クレー射撃なんかもやったりしてると、「加藤茶」や「高木ブー」、元首相の「麻生太郎」なんかもきてて、テレビとのギャップにびっくりしたなんて話もしてくれました。

レスリングの浜口選手もたまに来たり、ヤホーネタで有名な「ナイツ」の叔母さんが近くに住んでたり、ビートたけしは羽振りよくってなどといろいろと面白い話を聴くことができました。

店長は、ちょっとまえに脳梗塞で倒れて、いまは息子さんに店を任せてる様子でしたが、店長のポリシーにはビジネスの本質を捉えているところがあって、非常に勉強になりました。

まー、話半分で聞いたとしても十分楽しめる内容でした(笑)

なにげに入った店でこんな話が聞けるのは、ほんと東京の凄いところですよね!

店長自身は「いろいろな仕事をやってきて、実績を出してきたからこれだけ自信を持って言えるんだよ!」と言ってたので、ほんとに、とにかく前を向いてやってきたんだろうな!というのが伝わってきました。

まったくなんの期待もしてなかった店でこんな以外な展開が待っているとは思いもよらなかったですが、めっちゃ楽しい時間を過ごすことができました。

ちなみにそのお店はこちら!
中華料理「豊龍」

ぜひ、いってみてください!