たけしの知らないニュースで超ミニチュア料理!

超ミニチュア料理が紹介されていました!

オムライスに、皿うどん、寿司など、実際に食べられる料理があるみたいで、めっちゃ小さいです。
親指より小さい大きさです!

たけしが試食してましたけど、感想はせんべいみたいとのこと。

前園氏はホットケーキを食べてました。
相変わらず、感想はよくわかりません!?でしたが、こういう人もテレビでは必要なんでしょうね。

専用の器具やコンロ、皿、フォークにナイフ、スプーンとこれまたいろいろあります。

ミニセットは、三木市の金具ミニチュアセットは見たことありましたけど、
実際にこのようなミニチュア調理道具を使って、料理を作っているってのにはびっくりデス。

個人的には、おもしろいと思いますけど、作りたいとは思わないです。
ってより、作る意味がわからない。。。

食べるなら、お腹いっぱい食べたいし、味もよくわからないですよね。

なので、

アートなんでしょうね。アート。

だから、たけしの知らないニュースなんかに取り上げられるわけで、この番組に取り上げられただけで、一気にこのミニチュア料理の価値が上がったんじゃないですかね。

以前も、鉛筆の芯に文字を彫刻したり、米粒に顔を書いたり、超ミニアイテムが紹介されていましたが、やはりそれらもアートです。

アートですから、認知度が上がることで、価値が上がり、それを欲しがる人が出てくるわけですが、今回は食べ物ですからね。

調理用具とかのミニチュア版は、需要が増えるかもしれませんね。(笑)

ちなみに、「Miniature Space」というチャンネルで、今回以外のミニチュア料理も紹介されていますよ!