絶好調のイチロートリック。味方も騙された!

AS20150512003574_comm
http://www.asahi.com/articles/photo/AS20150512003574.html

最近ずっと先発出場して活躍しているイチロー選手ですが、
少し前の10日に、目に見えないトリックプレー(ファインプレー)をしていました。

それは、10日のジャイアンツ戦の9回、1点のリード、1アウト一塁でライトを守っていたイチローですが、確実にレフトオーバーとなる当たりに、定位置をほどんど動かないで、補給動作をした後、跳ね返ってきたクッションボールを素早く処理して、ランナーの進塁を阻止したというもの。

イチローのこのプレイは以前もやったことがありましたよね。

驚くのは、味方のセンターを守っていたオズナ選手から、「大丈夫か?見えなかったのか」なんて言われてしまうほどで、味方まで騙されてしまったトリックプレーだったんです。

こんな質問に呆れてしまうイチロー選手ですが、まー経験が無いとわからないなんてコメントもしていたようです。

こんなプレイは記録には残りませんが、イチロー選手の一流ぶりが垣間見えるプレーですよね。

普通の選手なら、迷わず、打球を追っていますよ。
だって、自分の頭上をはるかに超えてしまってるんですもん。

そこは、豊富な経験と瞬時の判断ができるイチロー選手だからこそできたプレーですが、
このプレーをみて、自分もやろうと思ってもそうそうできるもんじゃないです。

特に、少年野球や高校野球ではまず無理でしょう。

なにやってんだ〜!」と怒鳴られて終わりでしょうね。

でも、イチロー選手は、今と同じように、
もしかしてこうしたらランナーを足止めできるかも
なんて考えてやっていたのかもしれません。

人と違う思考、人と違う行動ができるからこそ一流なんだと考えさせられるスーパートリックプレーでした。