ロンドンオリンピック金メダルの内村航平選手が8連覇!

“
http://sportiva.shueisha.co.jp/contents/olympic2012/2012/07/11/post_34/

ロンドンオリンピック男子体操金メダリストの内村航平選手が、体操の全日本個人総合選手権最終日に登場し、前人未到の8連覇を達成しました。

この日本選手権は、世界選手権の代表2次選考会を兼ねていましたが、プレッシャーを感じることもない様子でした。

内村航平選手は、
それ(8連覇)どころじゃなかった。疲れすぎていた。記録を伸ばしていけたのでこれまでの練習が間違っていなかったと再確認できた
と語っています。

この日は最終日だったので、かなり疲れが溜まっていた様子ですね。

最終日の朝起きた時から気持ちが高ぶっていなかったので、難易度を下げて挑んだにもかかわらず、2位に大きく差をあけての優勝ですから、どれだけ凄いんだと思っちゃいます。

まさに、ベテランの域に入っています。
自分の体と対話しながら、戦略をかえるなんて、若手にはできません。

内村航平選手は今回の大会を
リオデジャネイロ五輪に向けて、演技構成をかためる年
と位置づけているので、2日前の予選では昨年より難易度を上げて挑んでいます。

跳馬では、世界のスペシャリストでさえ構成に組み込むことを躊躇する高難易度の技を取り入れて、予定どおり高得点を出すなど、準備は上々。

その満足感と、年令による疲労感もあってか、最終日はモチベーションが上がらなかった様子ですがそれでもダントツの優勝ですからね。

ライバル不在ともいえるこの状況に、新風を起こす選手が出てきてくれることを期待します。