映画「寄生獣完結編」公開で胸キュンキャンペーン!ちょっとネタバレ

ついに25日に映画「寄生獣完結編」が公開されましたね。

kiseiju
http://natalie.mu/comic/news/145435

24日には地上波初登場という触れ込みで映画「寄生獣」が放映されましたが、
その内容は、まさしく、映画「寄生獣完結編」のプロモーションでした。

本編の「寄生獣」を見たことがないので、わからないのですが、
いきなり後藤に襲われるところから始まってましたしね。
その上、ミギーの回想シーンという感じだったので、ところどころ細切れのような感じがしました。

多分、本来の「寄生獣」はあんな感じじゃないんでしょうけど、ちょっとがっくりしてしまいましたね。

内容自体もかなりはしょってしまってるので、「あーあれがこーなるのね」と分析しながら観ていました。

まさしく、次の日25日の公開へ向けたプロモーションで、24日の放送をみて、25日に劇場へ足を運んだ人も多いんじゃないでしょうか?

このプロモーションがあんなに速い地上波初登場の理由だったんですね。

ということで、観てきたみなさん、どうでしたか?

東京で映画を観ることはないので、舞台挨拶とか見たことないんですが、あれだけのキャストが揃っているのを目の当たりにすることができるなら、ぜひいってみたいです。

ところで、そんな舞台挨拶がある上映にはいるのって抽選なんですかね。
それとも早い者勝ち?

今度、調べてみますか。

舞台挨拶では、山崎監督が「原作のファン」とか言ってたので、私と同じじゃないか!と共感してしまいました。
あと、面白かったのは、染谷さんが
ミギーに向かって5ヶ月半も話しかけていたので、ミギーが見えるようになった
なんて話して会場の笑いをとっていたみたいですね。

あとは、地方での宣伝キャンペーンでは、山崎監督と染谷さんで、胸がキュンとする青春映画だってことをPRしようぜってことで、勝手に「胸キュンキャンペーン」を展開していたらしく、これまた観客を沸かせていたようです。

さらに、ゴールデンウィークは寄生(帰省)ラッシュなんて看板も持ち込んで笑いの絶えない舞台挨拶だったようです。

24日の放送では、いきなりミギーが死んでしまうのですが(ホントは死んでいない)、こんなだったけ?と思いながら、最終、「居心地よかったんだ」ってなることを思い出して、映画よりも漫画を読みたくなってしまいました。

ほんのちょっとだけネタバレでした。といってもなんのことやらわかりませんよね。