イチロー急な出場にも、今季初のマルチ安打!

iti1http://www.nikkei.com/news/image-article/?R_FLG=0&ad=DSXMZO8598902022042015I00001&bf=0&dc=1&ng=DGXLSSXK30150_S5A420C1000000&z=20150422

マーリンズのイチロー選手が代打記録を更新するかも?って伝えたばっかですが、どうやらその記録は達成できそうにもありませんね。

21日のフィリーズ戦に急遽「6番・左翼」で出場して、4打数2安打1得点という今季初のマルチ安打を記録しました。

前にも書きましたが、イチローは常に急な出場にも対応できるように準備をしているわけですが、この日、スタメンを言い渡されたのはなんとプレーボール50分前の18持15分。
ベンチスタートのはずが、左翼のイエリチ選手が腰の張りを訴えたことで、急遽出場が決まったわけです。

それにしても、イエリチ選手もレギュラーを奪われるという危機感はないんですかね?
それとも、こんな感覚は我々が日本人だから持つんでしょうか?

兎にも角にも、イチロー選手がレギュラーの座を奪うには、出場できる機会に活躍することが必要不可欠ですので、今回はほんといい仕事をしましたよね!

そんなイチロー本人も、「今日はさすがに気持ちの準備はできていない状態だったけど、体はできているからなんとでもなる。1番ってのはさすがに辛いけど」なんて語ってます。

そんな好成績を収めたイチローとは対照的に、チームは中盤に味方投手陣が崩れてしまい、1点リードを守りきれずに5連敗。
こうなると、監督の更迭話が気になりますね。

とはいえ、今月14日15日も背中の張りを思えて欠場しているイエリチ選手の今後の起用にも疑問の声が上がってくると思うので、そうなれば、まさに我らがイチローの活躍の場がどんどん広がるわけすね。

こんなチャンスをどんどんものにして、レギュラーの座を奪ってもらいたいものです。

イチロー選手にとっては、こんなことは言わずもがなでしょうけど。